ブログ

お知らせ

口が渇いても飴は駄目

こんにちは。

はるにれ歯科クリニック、衛生士の山中です。

最近は、コロナウイルスの感染者数も減り、少しホッとしますね!ただ、まだ油断はできませんね。

コロナウイルスの影響でマスク生活が始まり、マスクを付けていることで息苦しく口呼吸になる方や、口呼吸をしているが、マスク内の蒸気により自分の口が渇いていることに気づかない方が増えています。口呼吸は口腔内の乾燥に繋がる為、勿論よくありません。

みなさん、口が渇くと飴を舐めたりはしていませんか?

しかし、口を渇いた方が飴を頻繁に舐めると、歯面は脱灰が続き、ものすごいスピードで歯を失っていきます。

その理由は、

①口の中の糖が唾液で洗い流されず、唾液中の糖の濃度が高いままになるから。

②細菌が糖から産生した酸が中和されないままになるからです。(歯は口腔内が酸性に傾くと溶けてしまいます。)

口が渇いている場合は、キシリトールを使用したガムにしましょう!

(飴も、キシリトールの物なら大丈夫です。また、キシリトールのタブレットでも良いです。)

ガムであれば、咀嚼により唾液が出やすくなる為、口腔内が潤うのと共に唾液の成分により再石灰化も進みます。

口が渇いている際、飴を舐めてしまっている方は気をつけましょう!

ご不明な点があれば、スタッフにお尋ねください。