ブログ

お知らせ

妊婦はむし歯になりやすい⁉︎

こんにちは、はるにれ歯科クリニックの衛生士、河口です。

女性の妊娠は体だけでなくお口の中にも様々な変化を及ぼし変化することがあります。

ホルモンバランスが乱れ、妊娠中はむし歯だけでなく歯周病も進行しやすい状況になります。

妊婦がむし歯になりやすい理由

①つわり

つわりにも様々な状況がありますが、気分が悪く歯磨きができなくなることもあります。

また、食べづわりだと1日中食べ物を口にするようになり、お口の中がむし歯になりやすい環境へと変化してしまいます。

②唾液の性質の変化

これはホルモンバランスの変化で起こります。

唾液が酸性になると粘っこくなり、歯に汚れが溜まりやすくなります。

③食事の回数の変化

妊娠後期になると、胎児が大きくなることで胃が圧迫され一度の食事量が減少することがあります。その為、食事回数が増え、お口の中が不衛生になりやすいです。

体調に合わせて無理のないように、お口のケアも忘れないようにしてほしいです。できるだけ負担が少なく予防できる対策をいくつかご紹介します。

①歯ブラシは小さめのものを使用する

つわりでお口の中に歯ブラシを入れるのも難しい方もいます。できるだけ小さめの歯ブラシで、気持ち悪くならないように対応するといいです。

歯磨き粉も、匂いが無理になる方もいるので、無理につける必要はありません。

②マウスウォッシュを使用する

どうしてもきついときはマウスウォッシュで口を濯ぐだけでもいいです。

お口の中を清潔に保つことに努めましょう。

③妊婦健診

妊娠中、体調に合わせて健診を受診することをおすすめします。

むし歯や歯周病がないかを見てもらうだけでも安心できます。

もし治療が必要になったら、状況に合わせて計画を立てていきましょう。

妊娠中の歯周病は早産のリスクを高める要因にもなってしまいます。

むし歯菌が胎盤を通しておなかの赤ちゃんに悪影響を与えることはありませんが、産後むし歯菌は唾液を介して感染するので、お母さんにむし歯菌があると、生まれてくる赤ちゃんへと感染する可能性が高いです。

妊娠の際はご自身の為にも赤ちゃんの為にもできるだけお口の健康を維持していきたいですね。

当院では妊婦健診を承っております。

不安なことがありましたらお気軽にご相談ください。