歯周病と免疫暴走による重症化

こんにちは、はるにれ歯科クリニックのマネージャー 奥です。

まだまだ暑い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。


全国的には1日900名近い陽性者がでていますが、岐阜県では、8月7日をピークに落ち着いてきていますね。


過度な自粛の必要はないと思いますが、1人1人が新しい生活様式(ルール)を守りながら生活していきたいですね。



これまでもブログにて「歯科」と「新型コロナウイル感染症(以下コロナ)」に関連する記載をしておりますが、


本日は「重症化」に関することです。


日本人の8割が罹患しているといわれる歯周病ですが、歯周病を患っている方がコロナに感染してしまうと、


免疫暴走(※)の危険性が増加し、これが重症化の要因となっていることがわかってきているようです。


※免疫暴走とは、免疫が異常に増えすぎることで逆に細胞を傷つけてしまう現象


歯と口の細菌や毒性物質は、循環器、呼吸器、消化器の3方向へ拡散し、ほぼすべての臓器に慢性炎症を起こします。


体は炎症が起きるとそれを防ごうとしますが、免疫が過剰に働きすぎてしまうことで、さらなる炎症を起こしてしまうと考えられており、


結果として重症化リスクも高まってしまうため、まずは歯周病対策を施すことが非常に大切だということです。


正しい知識の理解と適切な処置を行い、感染に備えていきましょう。

歯周病に関するご相談は、お気軽にお電話ください。


【参考文献】

朝日新聞Digital:https://www.asahi.com/articles/ASN8W33X0N8SPLBJ00M.html

日本医師会:https://www.jda.or.jp/corona/Tooth-and-mouth-health.html