• nana-kittyooo

だらだら食べをしていませんか?

最終更新: 9月26日

こんにちは。はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、笠原です。


新型コロナウイルスの流行も少し落ち着いてきましたが、まだ油断は出来ず、前よりも長くおうち時間を過ごしている方も多くいらっしゃると思います。


おうち時間が増えるとつい何か食べてしまいます。

お菓子や甘いものに限らず、いつもよりだらだら食べていませんか?


普段、お口の中は中性に保たれています。ですが、食事をすると酸性に傾き、歯が溶け始めます。(これを脱灰といいます。)


しかし、30分くらいすると唾液の働きによってゆっくりと中性に戻り、元の状態に戻ります。(これを再石灰化といいます。)


間食などによってだらだら食べを続けていると、酸性の状態が続き、脱灰している時間が長くなり、再石灰化が起こりません。そしてむし歯になりやすい環境になってしまいます。


おうちでのセルフケアや歯医者でのメンテナンスをしっかりおこなっていても、だらだら食べを続けているとむし歯になるリスクは高くなってしまうのです。


間食を摂るときは時間を決めるなどして、だらだら食べをしないようにこころがけましょう。


気になることがあればお気軽にスタッフにお尋ねください。




最新記事

すべて表示

お口の冷え性?!

こんにちは。はるにれ歯科クリニック、管理栄養士 受付の江崎です。 日に日に寒さが厳しくなり、少しずつ冬の気配が深まってきました。冷え性に悩まされている方も多いのではないでしょうか。 体が冷えると血行不良になり、隅々まで酵素や栄養が十分に行き届かなくなります。また、老廃物が体内に溜まったり酵素の働きが阻害されるため、風邪などから身を守る免疫力が低下してしまいます。 では、“冷え”が原因でお口の中の免

唾液の必要性

こんにちは。はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、笠原です。 みなさんは唾液のことを意識することはあまりないと思いますが実は、歯の健康を保つためにとても重要な役割を持っています。 唾液には、歯や歯間に溜まった食べかすや歯垢を洗い流してくれる自浄作用や、飲食をすることにより酸性に傾いた口の中のpHを中性の方に戻して、むし歯になりづらくするpH緩衝作用などがあります。 しかし、加齢や口呼吸、薬の副作用な

診療内容

診療時間

月  火  水  木  金  土  日

09:00~13:00   〇  〇  ―  〇  〇  △  ―

14:00~18:00   〇  〇  ―  〇  〇  ―  ―

休診日   水・日・祝  △ 14:30まで

ご予約・お問い合わせ

058-214-8620

〒500-8289  ​岐阜市須賀1-5-1 / 岐阜バス​OKBぎふ清流アリーナより徒歩8分

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

:大きな画面で確認したい方はコチラ