ブログ

お知らせ

りっぷるくん検査って?

こんにちは。はるにれ歯科クリニック、歯科衛生士の河口です。

今回はお子さんの悩みでよく挙げられる「お口ポカン」の対策についてお話します。

お口ポカンは専門的な言葉でいうと

「口唇閉鎖不全症」と言います。

原因は口周りの筋肉が弱いことが多く、その他に歯並びの悪さ、舌の癖や形態などです。

唇を閉じる力が弱い人はトレーニングを行い、症状を改善することができます。

はるにれ歯科クリニックではりっぷるくんという測定器を使います。

【手順】

①椅子に座ってもらい背筋と頭を真っ直ぐにします

②りっぷるボタンを唇と前歯の間に挟み唇を閉じてもらいます

③機器のLED光を確認しながらボタンに付いた糸をリップルくんで引っ張ります

④お口からボタンが外れます

数値が唇の閉鎖力として示されます

測定値はN(ニュートン)で表示され、対象年齢は3歳〜15歳です。

年齢によって平均値も異なりますのでお子さんの結果と一緒に担当した衛生士がお伝えしています。 

当院ではこのような口腔機能のトレーニングを行っているので、お子さんの将来のためにも、お口ポカンが気になったら一度ご相談下さい。