ブログ

お知らせ

歯の色は気になりますか?

こんにちは。はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、笠原です。

皆さんは、歯が黄色っぽい、タバコのヤニやお茶の茶渋がついていて茶色っぽいなど、ご自身の「歯の色」が気になったことはありますか?

この「歯の色」は、食事が影響しています。

■着色しやすい飲食物

赤ワイン コーヒー お茶 タバコ カレー 漢方など。

■着色しづらい飲食物

おおまかに分けると3つあります。

①白い食べ物

例:牛乳 水 白身魚 白味噌 とんこつ など

②繊維性の食べ物

例:セロリ するめ ビーフジャーキーなど

③タンパク質分解酵素を含むもの

例:キウイ パイナップル パパイヤ しょうがなど

普段から、着色のしやすい飲食物をできる限り避けていただくことをお勧めします

また、ホワイトニングされている方は、施術直後は脱灰しやすい(歯が溶けやすい)飲食物にも注意が必要です。

例:柑橘類 梅干 お酢 炭酸 お酒 スポーツドリンクなど

歯の黄ばみはホワイトニングによって改善出来、タバコのヤニやお茶の茶渋による着色は歯医者でのクリーニングによって改善出来ます。

はるにれ歯科クリニックのホワイトニングは現在少し挑戦しやすい価格になるキャンペーンを実施中です。もし気になる方はお気軽にスタッフにお尋ねください。

他にもご不明な点などありましたら、気軽にスタッフにお尋ねください。