ブログ

お知らせ

ドライマウスって何?

こんにちは。はるにれ歯科クリニック歯科助手、野田です。

みなさん、ドライマウスという言葉を聞いたことはありますか?

ドライマウスとは、唾液の量が減少し、お口の中が乾燥していることを言います。

そこで、ドライマウスの症状・原因・予防法などを簡単に説明していきます。

【ドライマウスの症状】

①乾燥により、口の中がネバつく

②舌がヒリヒリ痛む・舌がひび割れている

③口臭が気になる

④水分の少ない食べ物が飲み込みにくい

⑤味が感じにくい 

当てはまる方、もしかしたらそれはドライマウスかもしれません。

【ドライマウスの原因】

①薬による副作用

②加齢

③口呼吸

④ストレス・緊張

⑤食生活の乱れ

ドライマウスはまさに現代病で、このような症状を訴える方は増え続けているそうです。

またこのまま放置し、ドライマウスが進行すると唾液の清掃効果の低下から、プラークがつきやすくなり、むし歯や歯周病の原因となります。

【ドライマウスの予防法】

①こまめに水分補給をし、口の中の潤いを適度に保つ

②カフェインの摂りすぎを控える

③過度な緊張やストレスを解消する

ドライマウスを理解することが、予防のはじめの一歩です。

ドライマウスの症状に一つでも当てはまる方は、意識して対策をされるといいかもしれませんね。

なにか不明な点がございましたら、スタッフへお声がけください。