• belarbre-ikim3315s

高カカオチョコレートの魅力

更新日:2月6日

こんにちは。はるにれ歯科クリニック、管理栄養士 受付の江崎です。


立春を迎え暦の上では春の訪れを告げる月となりました。2月といえばもうすぐバレンタインデーですね。バレンタインといえばチョコレート!今回は「高カカオチョコレート」についてお話したいと思います。


抗酸化作用のあるポリフェノールを多く含むことから健康や美容への効果が期待でき、スーパーやコンビニなどでもさまざまな種類のものがみられますね。


高カカオチョコレートとは、原材料に占めるカカオの含有量が70%以上のものをそう呼んでいます。ちなみに一般的なチョコレートのカカオ含有量は30〜40%です。


■特徴

砂糖や乳類が少なくカカオ豆特有の風味を楽しめる反面、苦味を感じやすいです。砂糖が抑えられむし歯予防にも向いています。


■注意点

メリットばかりがうたわれていることが多いですが、デメリットもあるので少し注意が必要です。


原材料の4割を占めるカカオバターには飽和脂肪酸が多く含まれます。食べ過ぎると、動脈硬化のリスクが高まったり体内に中性脂肪として蓄えられ肥満につながるおそれがあります。


高カカオチョコレートは30g(板チョコ半分)で約180kcal相当。間食の1日の目安量が200kcalですので、摂取量には気を付けましょう。


■レシピ紹介

量にさえ注意すれば健康的メリットがとても大きいです。そのまま食べる他にも、様々な飲み物や料理に使用してその魅力を最大限に活かした味わいを楽しんでみてはいかがでしょう。


コーヒーに溶かしてカフェモカ風に、またホットミルクに溶かしたり、ティラミスやアイスクリームに刻んでトッピングしたり。カレーに入れると深みやコクが増し、麻婆豆腐も一味違った魅力的な味になります。


バレンタインの手作りチョコも、ケーキやクッキー、サラミなど高カカオチョコレートを使用すると、健康的かつおしゃれで大人の味わいになると思います。ぜひお試しください。



当院でも、バレンタインデーには高カカオチョコレートのプレゼントを用意してお待ちしております。ぜひ歯のメンテナンスにお越しください。