• sawa__305

身近な飲み物を見直してみよう

更新日:7月21日

こんにちは。


はるにれ歯科クリニック、衛生士の河口です。

夏の暑さも本格的になってきましたね。


水分補給が大切な時期です。

今回は身近な飲み物についてお話しします。


お口の中はpHという値で保たれており、酸性、中性、アルカリ性に分けられます。

pH7.0未満を酸性、7.0を中性、7.0以上をアルカリ性となり、つまり、数字が小さくなるほど酸性度が強いということです。


普段お口の中は約pH7.0の状態で、歯の表面(エナメル質)が溶け始める値がpH5.5と言われています。


代表的な身近な飲み物ですと


コーラ・・・pH2.2

ポカリスエット・・・pH3.5

野菜ジュース・・・pH3.7

ヤクルト・・・pH3.7

ビール・・・pH4.3

麦茶・・・pH6.5

水・・・pH7.0


となっています。


「あなたがよく飲むものはいくつありましたか?」


1日に必要な量の野菜をなかなか摂れないときの味方、野菜ジュースも酸性度が強い傾向にあります。


また、最近流行りのフレーバー付きミネラルウォーターも天然の果汁を使っていることが多いため、酸性度が強くなっています。


毎日の歯磨きはもちろんですが、むし歯を作らないためにも、夏の暑い時期は水分補給が欠かせないので酸性飲料を長時間だらだらと飲み続けたり、飲み過ぎには注意しましょう。