• 美の里 山中

知覚過敏の治療

更新日:9月10日

こんにちは。

はるにれ歯科クリニック衛生士の山中です。


この暑い時期、冷たい飲み物やアイスクリームを食べることが増えたのではないでしょうか。

そんな時、知覚過敏によって歯がしみてお困りの方も少なくないと思います。

(知覚過敏の原因の多くは、歯ぎしりや過度なブラッシング圧、加齢による歯肉退縮です。)


そこで、今回は知覚過敏への治療はどのようなものがあるのかお話します。


①知覚過敏用の歯磨剤の使用

→ご自宅での歯磨きで使用することで、症状が緩和されることがあります。


②コーティング剤の塗布

→歯科医院で塗布するものです。一回だけでは効果が発揮されない場合がある為、定期的な塗布をオススメします。


③レジンで埋める

→しみている部分を物理的にカバーします。


④マウスピースの使用

→歯ぎしりが原因の場合、予防として使用することをオススメします。


⑤神経をとる

→神経を取ってしまえば知覚過敏症状は起こらなくなりますが、デメリットがいくつかあるため最終手段です。


以上の5つが主な治療法です。


ただ、しみるからといって知覚過敏と自分で判断するのはよくありません。もしかしたら、むし歯の可能性もあります。歯科医院を受診して診断してもらって下さい。


何かご不明な点がありましたら、

お気軽にスタッフにお声かけください。