• xoxoerkn-lav96

知っておきたい!ホワイトニングの豆知識vol.2

最終更新: 2020年3月16日

こんにちは。

はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、堤です。


前回(1月25日UPブログ:知っておきたい!ホワイトニングの豆知識vol.1)に引き続き、ホワイトニングについてお話しします。


今回は当院でも取り扱いのある「オフィスホワイトニング(=歯科医院内で行うホワイトニング方法)」についてです。


仕事が忙しいので、「できる限り短時間で効果を出したい」「家で自分で行うホームホワイトニングは継続する自信がない」という方にお勧めです。


■歯科医院でしかできないホワイトニング溶液で歯を白くする


歯科医院では、厚生労働省より認可を受けた高濃度の専用の溶液を使用します。


昨今、エステサロンや美容院等でもホワイトニングが広がっていますが、そういった場所では主にポリリン酸という少し弱い溶液が使われています。


ポリリン酸でのホワイトニングでは、食事等により付着した「歯の表面の着色物」のみしか取り除くことはできません。


一方、当院では、過酸化水素水を使用しています。


この溶液は、医師が在籍する事により使用可能な薬剤であり、過酸化水素水は「歯の内側」に浸透するため、歯の表面だけではなく、歯そのものを白くすることができるのです。


■国内導入実績No,1の機器、Beyond(ビヨンド)は安心・安全

http://beyondwhitening.jp/


当院ではbeyond(ビヨンド)という機械を使用しています。


この機械から照射される光には発熱物質や紫外線が含まれないため、歯の神経や身体に悪影響を及ぼすことはありません。


■1回45分の施術を数回繰り返せば、希望の白さを実現!(個人差はあります)


施術時間は1回あたり45分程度で終了しますが、1度に希望の白さまで到達することは難しく、3~4回は繰り返し処置を行う必要があります。


少しでも早く効果を実感し、維持して頂けるよう、丁寧なカウンセリングと処置を心掛けています。


最後に、ホワイトニングを行う前には、むし歯や歯周病のチェックが必要になりますので、まずは一度ご相談ください。



最新記事

すべて表示

むし歯になりやすいお菓子ランキング

こんにちは。はるにれ歯科クリニック、歯科衛生士の山中です。 みなさんは、どんなお菓子がむし歯になりやすいか知っていますか? ご存知の方も多いと思いますが、ショ糖が多いお菓子ほどむし歯になりやすいです。また、お菓子がお口の中に入っている時間と残りやすさでむし歯のなりやすさが変わります。 そこで、今日はむし歯になりやすいお菓子をランキングにしてお伝えします。 1位 飴、キャラメルなど 2位 チョコレー