• xoxoerkn-lav96

知っておきたい!ホワイトニングの豆知識 番外編

こんにちは。はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、堤です。


まだまだ油断は出来ない状況下ではありますが、新型コロナウイルスが少し落ち着き、学校等の日常生活も以前の様子を徐々に取り戻してきました。


「口腔内を良い状態に保つ=免疫力を維持する=感染を防ぐ」ということから、患者さまのお口のケアに関しての意識の高まりを感じます。


通常のケアに加え、さらに良い状態を保つための「ホワイトニング」に興味を示される方が増加しており、下記のようなご質問・ご相談をよくいただきます。


「そもそも、どうして歯に色が付くの?」

「以前ホワイトニングをしていたが、色戻りが早い気がする。少しでも維持する方法はないの?」


今回はこれらの疑問についてお答えしようと思います。



■歯が着色する要因


歯の着色には、主に3つの要因が考えられます。


①生活習慣による着色

食事や嗜好品により着色していきます。

例 コーヒー、赤ワイン、カレー、タバコ


②加齢による変色

年齢を重ねる事によって、歯の内側にある象牙質という部分の新陳代謝が低下し、徐々に歯の色が濃くなります。


③歯の構造の変化

歯の病気や外傷、薬の副作用(主に抗生物質)で歯の色が変化することがあります。



■ホワイトニング後の効果を維持するために


特にホワイトニング直後は、着色食品は避けた方が良いと言われています。

では、どのような食品を摂取すれば良いのでしょうか。


①白いもの

ホワイトニング後は、なるべく色素の少ない食品を摂るようにします。

例 牛乳、水、ホワイトソース、白身魚、白味噌等


②線維性の食品

線維性の食品は、何度も噛むことで機械的に歯の表面の着色を防ぎます。

例 セロリ、ビーフジャーキー、スルメ等


③タンパク質分解酵素を含む食品

プロテアーゼという酵素の働きにより化学的に歯の表面の着色を防ぎます。

例 パイナップル、生姜、イチジク、キウイ等



以前ブログでもご紹介しましたが、一度ホワイトニングをしたからといって、永久的な白さを得られるわけではありません。


定期的にメインテナンスすることで、むし歯や歯周病の予防をすると共に、白く美しい歯を維持していきましょう。




最新記事

すべて表示

お口の冷え性?!

こんにちは。はるにれ歯科クリニック、管理栄養士 受付の江崎です。 日に日に寒さが厳しくなり、少しずつ冬の気配が深まってきました。冷え性に悩まされている方も多いのではないでしょうか。 体が冷えると血行不良になり、隅々まで酵素や栄養が十分に行き届かなくなります。また、老廃物が体内に溜まったり酵素の働きが阻害されるため、風邪などから身を守る免疫力が低下してしまいます。 では、“冷え”が原因でお口の中の免

唾液の必要性

こんにちは。はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、笠原です。 みなさんは唾液のことを意識することはあまりないと思いますが実は、歯の健康を保つためにとても重要な役割を持っています。 唾液には、歯や歯間に溜まった食べかすや歯垢を洗い流してくれる自浄作用や、飲食をすることにより酸性に傾いた口の中のpHを中性の方に戻して、むし歯になりづらくするpH緩衝作用などがあります。 しかし、加齢や口呼吸、薬の副作用な

診療内容

診療時間

月  火  水  木  金  土  日

09:00~13:00   〇  〇  ―  〇  〇  △  ―

14:00~18:00   〇  〇  ―  〇  〇  ―  ―

休診日   水・日・祝  △ 14:30まで

ご予約・お問い合わせ

058-214-8620

〒500-8289  ​岐阜市須賀1-5-1 / 岐阜バス​OKBぎふ清流アリーナより徒歩8分

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

:大きな画面で確認したい方はコチラ