• 6ao16ib

歯周炎と歯肉炎の違い

更新日:2021年12月12日

こんにちは。はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、山田です。

みなさんは歯周炎と歯肉炎の違いを知っていますか?

実はこの2つは違うものなんです。

歯周病をふたつに分類すると「歯周炎」と「歯肉炎」と言います。

歯肉炎ー歯肉に炎症(腫れ・赤み・出血)のある状態です。

歯周炎ー歯肉の炎症だけではなく、歯周ポケット(歯と歯肉の間の隙間)の深さが深くなり、歯槽骨(歯肉の中にある歯を支える骨)の破壊がある状態です。

歯肉炎よりも重い症状です。

歯肉炎の状態だと丁寧な歯磨きと歯医者での歯周病治療で、健康的な歯肉の状態に戻す事はできます。

ただ後遺症のように、歯周組織に一度傷がついた状態になってしまうので再発はしやすいです。



歯周炎になると、元の健康的な歯肉に戻す事は難しくなります。

外科治療で歯肉を少し元に戻せますが、完全に健康的な歯肉になる症例は少ないです。


歯周病になっていない方も、予防として歯医者で歯周病ケアをしましょう。

歯周病になってしまった方も、これ以上歯周病が進行しないように歯周病治療をしましょう。



歯周病は汚れだけではなく、噛み合わせや病気等の様々な原因があるので、1人で何とかしようとせずに歯医者で見てもらう事をおすすめします。

はるにれ歯科クリニックのスタッフが、

あなたのお口の健康のために親身になって支えます。