• nana-kittyooo

歯ブラシだけでは6割しか磨けてない!?〜歯間ブラシ編〜

こんにちは。 はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、笠原です。

前回(3/27)にデンタルフロスについてお話しました。今回は歯間ブラシについてご紹介したいと思います。



◆歯間ブラシの種類とその特徴は?


歯間ブラシは、歯と歯の間が窮屈な場所以外は全て使用することが可能で、デンタルフロスが通らない

「ブリッジ」や「繋がっている被せ物」の間も通すことができます。


形は様々なものがありますが、大きく分けると、先が「ブラシ」のものと「ゴム」のものの、2種類があります。


「ブラシ」・・・清掃性が高くおススメですが、根元が金属のため注意が必要です(歯ぐきを傷つける可能性がある)。


「ゴム」・・・歯ぐきを傷つけないため初心者の方にはおススメですが、「ブラシ」よりも若干、清掃性が低くなります。


◆歯間ブラシを選ぶポイントは?


「デンタルフロスと歯間ブラシ、どちらを使うべきなの?」と思う方も多いと思います。1番良いのは、両方使うことです。


お子様や10代・20代、かつ歯周病もなく被せ物なども入っていない方は、デンタルフロスだけで良いと思います。


一方で、年齢を重ね、噛み合わせや歯周病により歯ぐきが下がってきている方、ブリッジや繋がっている被せ物が

入っている方には歯間ブラシを活用いただくことをお勧めいたします。


もう一つ重要なのは、「サイズ選び」です。


間違ったサイズを選ぶと清掃性が落ちてしまったり、歯と歯の間に入らず、無理に通そうとすると歯ぐきを傷つけて

しまいますので、ご自身に合ったものを選ぶことが重要です。


デンタルフロスと歯間ブラシでは、それぞれ使用することによる効果が異なります。

両方必要なのか、そして歯間ブラシのサイズや使い方は、お気軽にスタッフにお尋ねください。



最新記事

すべて表示

お口の冷え性?!

こんにちは。はるにれ歯科クリニック、管理栄養士 受付の江崎です。 日に日に寒さが厳しくなり、少しずつ冬の気配が深まってきました。冷え性に悩まされている方も多いのではないでしょうか。 体が冷えると血行不良になり、隅々まで酵素や栄養が十分に行き届かなくなります。また、老廃物が体内に溜まったり酵素の働きが阻害されるため、風邪などから身を守る免疫力が低下してしまいます。 では、“冷え”が原因でお口の中の免

唾液の必要性

こんにちは。はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、笠原です。 みなさんは唾液のことを意識することはあまりないと思いますが実は、歯の健康を保つためにとても重要な役割を持っています。 唾液には、歯や歯間に溜まった食べかすや歯垢を洗い流してくれる自浄作用や、飲食をすることにより酸性に傾いた口の中のpHを中性の方に戻して、むし歯になりづらくするpH緩衝作用などがあります。 しかし、加齢や口呼吸、薬の副作用な

診療内容

診療時間

月  火  水  木  金  土  日

09:00~13:00   〇  〇  ―  〇  〇  △  ―

14:00~18:00   〇  〇  ―  〇  〇  ―  ―

休診日   水・日・祝  △ 14:30まで

ご予約・お問い合わせ

058-214-8620

〒500-8289  ​岐阜市須賀1-5-1 / 岐阜バス​OKBぎふ清流アリーナより徒歩8分

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

:大きな画面で確認したい方はコチラ