• nana-kittyooo

歯ブラシだけでは6割しか磨けてない!?〜デンタルフロス編〜

最終更新: 3月28日


こんにちは。 はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、笠原です。


みなさんはおうちでのケアで、歯ブラシのみで歯磨きを終わらせていませんか?


歯ブラシでどれだけ綺麗に磨いても「6割しか磨けない」といわれています。

残りの4割は、歯ブラシ以外の物を使用しないと磨けません。


特に歯と歯の間は歯ブラシでは磨き切れず、汚れが溜まりやすいので、むし歯になりやすく、かつ歯周病も進行しやすいです。


そこで歯ブラシ以外にデンタルフロス歯間ブラシを併用して磨き残しを少しでも減らす必要があります。



◆デンタルフロスは2種類


デンタルフロスは、ブリッジや繋がっている被せ物以外の歯と歯の間は基本的に全部通すことが出来ます。


指に巻いて使う糸のタイプと、ホルダーについている弓型のタイプの2種類があります。


初めての方には弓型のタイプが使いやすいと思いますが、指に巻いて使う糸のタイプの方が清掃性がいいので個人的にはこちらをオススメします。



◆歯ぐきから出血しやすい人ほどデンタルフロスを使おう!


デンタルフロスを使うと、「出血するので使うのが怖い」という方もいらっしゃると思います。


使い方によって歯ぐきを傷つけている場合も稀にありますが、出血は歯ぐきが炎症を起こしているサインです。


磨き残しによる歯ぐきの腫れや歯周病が進行し始めている可能性があるため、そんな方にこそフロスをオススメします。


毎食後の歯磨きでの併用が理想的ですが、まずは夜だけでも取り入れていきましょう。



フロスの詳しい使い方はぜひスタッフに聞いてみてください。お待ちしています。




最新記事

すべて表示

お口の冷え性?!

こんにちは。はるにれ歯科クリニック、管理栄養士 受付の江崎です。 日に日に寒さが厳しくなり、少しずつ冬の気配が深まってきました。冷え性に悩まされている方も多いのではないでしょうか。 体が冷えると血行不良になり、隅々まで酵素や栄養が十分に行き届かなくなります。また、老廃物が体内に溜まったり酵素の働きが阻害されるため、風邪などから身を守る免疫力が低下してしまいます。 では、“冷え”が原因でお口の中の免

唾液の必要性

こんにちは。はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、笠原です。 みなさんは唾液のことを意識することはあまりないと思いますが実は、歯の健康を保つためにとても重要な役割を持っています。 唾液には、歯や歯間に溜まった食べかすや歯垢を洗い流してくれる自浄作用や、飲食をすることにより酸性に傾いた口の中のpHを中性の方に戻して、むし歯になりづらくするpH緩衝作用などがあります。 しかし、加齢や口呼吸、薬の副作用な

診療内容

診療時間

月  火  水  木  金  土  日

09:00~13:00   〇  〇  ―  〇  〇  △  ―

14:00~18:00   〇  〇  ―  〇  〇  ―  ―

休診日   水・日・祝  △ 14:30まで

ご予約・お問い合わせ

058-214-8620

〒500-8289  ​岐阜市須賀1-5-1 / 岐阜バス​OKBぎふ清流アリーナより徒歩8分

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

:大きな画面で確認したい方はコチラ