• 美の里 山中

歯ぎしりを減らすコツ

更新日:5月8日

こんにちは。

はるにれ歯科クリニック、衛生士の山中です。

寝ている間に無意識にしてしまう歯ぎしり。

やめようと思っても、無意識な為やめられるものではありません。

今回は、歯ぎしりを減らすコツをお伝えしたいと思います。

夜中の歯ぎしりは、その80%以上が睡眠が浅いときに起きます。心地の良い深い眠りにつくことが大切です。

【よい睡眠を取るために】

①ストレスマネジメントを心がける

 ストレスは眠りを浅くします。散歩などの気分転換や適度な運動をしてみましょう。

②睡眠時無呼吸や逆流性食道炎の治療

 閉塞性睡眠時無呼吸(いびきをかく眠り)や逆流性食道炎の方は、夜中に繰り返し眠りが浅くなるため歯ぎしりが誘発されます。

③深酒は逆効果!ほどほどに

 アルコールは入眠を早めますが、睡眠そのものの質を下げます。

④カフェインの摂りすぎ注意

 カフェインを摂りすぎることは、不眠のリスクになります。

これらを心がけたとしても、歯ぎしりをゼロにすることは難しいです。

その為、歯を守る方法として、寝ている間のマウスピース装着をおすすめします。

マウスピースの作成は当院でも可能です。

ご希望であれば、お気軽にお声掛けください!