• belarbre-ikim3315s

噛むことの8大効用 〜よく噛んで健康な身体を〜

こんにちは。

はるにれ歯科クリニック、管理栄養士兼受付の江崎です。

ブログを通して、食の観点からちょっとした豆知識をお届けできたらと思っています。

いつまでも健康で、食べる楽しみを味わうことは、誰もが願うことですよね。

よく噛んで食べることは健康の源に繋がります。

現代人は咀嚼回数が減少し、卑弥呼の時代に比べるとその回数は1/6になったとも言われています。「卑弥呼の歯がいーぜ」の標語を紹介して、皆さんに噛むことの効用を知っていただけたらと思います。

ひ:肥満予防

(満腹中枢を刺激して、食べ過ぎを防ぎます。)

み:味覚の発育

(味の変化にも気付き、美味しさがよく分かるようになります。)

こ:言葉の発音

(口の周りの筋肉を鍛え、きれいな発音で話すことができ、表情も豊かになります。)

の:脳の発達

(脳への血流がアップし、脳細胞の働きが活発になります。)

は:歯の病気予防

(噛むことで唾液がたくさん出て口の中をきれいにするため、むし歯や歯周病を予防します。)

が:がん予防

(唾液中の酵素には、食品中の発がん性を低下させる働きがあります。)

い:胃腸の働き促進

(消化を助け、胃腸にも負担をかけません。)

ぜ:全身の体力向上、全力投球

(ここ一番の踏ん張りどころで歯を食いしばることができ、力を発揮できます。)

ひと口30回を目安によく噛むことを心がけましょう。

口は健康の窓と言われ、日頃からお口の中のケアが大切です。

少しでも気になることがあれば、お気軽にご相談ください。


最新記事

すべて表示

お口の冷え性?!

こんにちは。はるにれ歯科クリニック、管理栄養士 受付の江崎です。 日に日に寒さが厳しくなり、少しずつ冬の気配が深まってきました。冷え性に悩まされている方も多いのではないでしょうか。 体が冷えると血行不良になり、隅々まで酵素や栄養が十分に行き届かなくなります。また、老廃物が体内に溜まったり酵素の働きが阻害されるため、風邪などから身を守る免疫力が低下してしまいます。 では、“冷え”が原因でお口の中の免

唾液の必要性

こんにちは。はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、笠原です。 みなさんは唾液のことを意識することはあまりないと思いますが実は、歯の健康を保つためにとても重要な役割を持っています。 唾液には、歯や歯間に溜まった食べかすや歯垢を洗い流してくれる自浄作用や、飲食をすることにより酸性に傾いた口の中のpHを中性の方に戻して、むし歯になりづらくするpH緩衝作用などがあります。 しかし、加齢や口呼吸、薬の副作用な

診療内容

診療時間

月  火  水  木  金  土  日

09:00~13:00   〇  〇  ―  〇  〇  △  ―

14:00~18:00   〇  〇  ―  〇  〇  ―  ―

休診日   水・日・祝  △ 14:30まで

ご予約・お問い合わせ

058-214-8620

〒500-8289  ​岐阜市須賀1-5-1 / 岐阜バス​OKBぎふ清流アリーナより徒歩8分

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

:大きな画面で確認したい方はコチラ