• nana-kittyooo

唾液の必要性

最終更新: 2020年11月28日



こんにちは。はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、笠原です。


みなさんは唾液のことを意識することはあまりないと思いますが実は、歯の健康を保つためにとても重要な役割を持っています。


唾液には、歯や歯間に溜まった食べかすや歯垢を洗い流してくれる自浄作用や、飲食をすることにより酸性に傾いた口の中のpHを中性の方に戻して、むし歯になりづらくするpH緩衝作用などがあります。


しかし、加齢や口呼吸、薬の副作用などにより唾液が減少してしまう方がいます。


唾液の分泌が減ると、むし歯になりやすくなるだけではなく、食べ物が飲み込みづらくなったり、口臭の原因になります。


そうならないためにも、唾液の分泌を促すことが大切です。


①食事をする時はよく噛んで食べる。(ガムを噛むことも効果的です。)

②こまめに水分補給をする。

③唾液腺マッサージをする。(こめかみの下あたりを指で押さえながらグルグル回したり、顎と首の間のところを親指で押したりする。)


これらの簡単に出来ることから始めていきましょう。

もし分からないことなどあればお気軽にスタッフにお尋ねください。



最新記事

すべて表示

むし歯になりやすいお菓子ランキング

こんにちは。はるにれ歯科クリニック、歯科衛生士の山中です。 みなさんは、どんなお菓子がむし歯になりやすいか知っていますか? ご存知の方も多いと思いますが、ショ糖が多いお菓子ほどむし歯になりやすいです。また、お菓子がお口の中に入っている時間と残りやすさでむし歯のなりやすさが変わります。 そこで、今日はむし歯になりやすいお菓子をランキングにしてお伝えします。 1位 飴、キャラメルなど 2位 チョコレー