• sawa__305

五月病と歯の関係

こんにちは。

はるにれ歯科クリニック、衛生士の河口です。


新生活がスタートしたと思ったらもう五月半ばですね。

多くの方が新しい環境に慣れてきた時期なのではないでしょうか。


だんだん落ち着いてきた頃に、溜まっていた疲れがどっと押し寄せてきます。

それが「五月病」と言われるものですね。


五月は無気力や食欲不振、不眠など体の不調を訴える人が多い季節なのです。

そんな五月病と歯には深い関係があることをご存知ですか?


詳しくご紹介していきたいと思います。


①歯周病


体調が悪いときは唾液の分泌も少なくなり、それに伴い歯の再石灰化や洗浄作用といった機能が低下してしまいます。


歯周病は細菌の感染によって引き起こされる病気ですので、身体が弱っていると感染も進みやすくなってしまう場合もあります。


②歯ぎしり


五月病による体調不良は、自律神経の乱れが関係しています。

自律神経が乱れると私たちはストレスを感じやすくなります。

そのストレスによる症状のひとつが、歯ぎしりです。


歯ぎしりによって健康的な歯が一時的に横方向に揺らされてしまった場合、歯に余計な負担がかかって歯を傷つける危険があります。


また、ストレスで神経も過敏な状態になるので、歯の痛みが生じるケースも考えられます。

そうなる前に「ナイトガード」という歯にはめるマウスピースの様な物を使って歯をストレスから守ってあげましょう。


③噛み合わせ


人はストレスを受けると、無意識に歯を噛みしめてしまうことがあります。

そして、噛みしめや食いしばりの回数が特に多いのが、睡眠中です。


寝ている間に長時間にわたって歯に過剰な力が加わることで、噛み合わせが悪くなる上に、

エナメル質が摩耗されて知覚過敏を引き起こしてしまう場合もあります。


④黄ばみ・汚れ付着


ストレスで唾液の分泌量が低下すると、歯の色にも悪影響を及ぼすことがあります。

唾液の力が弱まることで口腔内の洗浄作用が落ち細菌が増殖するので、歯の表面に汚れが付着しやすくなるのです。


その黄ばみが蓄積されると、歯磨きだけでは落とせない頑固な汚れが定着してしまいます。当院ではホワイトニングもやっておりますのでご興味のある方はスタッフにお気軽にお声かけ下さい。


五月病のダメージを受けない健康な口内環境をつくるためのポイント


☆よく噛んで食べる習慣をつける


口腔内の洗浄作用に大きく影響するのは、やはり唾液です。

ものを食べる際によく噛むことで、唾液の分泌を促進することができます。


ストレスが溜まると、早食いをしてしまいがちです。

忙しくても食事の時間はしっかり確保し、ゆっくりとよく噛んで食べ、口の中が乾かないよう意識しましょう。


☆自律神経を整える


「どうも疲れが取れない」

「最近イライラする」

「あまり眠れない」


など身体の不調を感じたら、自律神経が乱れているというサインかもしれません。

身体を温めて新陳代謝を上げ、副交感神経が優位になる時間をつくりましょう。


六月には梅雨の時期に入りますが、疲れをためない様に休日にはゆっくりと休んで気持ちを切り替えたいものです。


定期的に歯科医院にも通ってお口の健康も維持していきましょう。