• belarbre-ikim3315s

五感を刺激する

更新日:4月5日

こんにちは。はるにれ歯科クリニック、管理栄養士 受付の江崎です。


年度替わりは、別れや出会い、寒暖差などで心も体も揺れる時期ですね。コロナ禍も重なり、孤独や孤立、不安を感じ、自律神経のバランスを崩し何だか不調という方もみえるか思います。


どう向き合うか、心身バランスを整えるヒントが五感を刺激することにあります。五感とは、視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚で、これをフルに刺激することが大切です。


その中でも「美味しく食べること」は五感を複合的に刺激できとても大切な時間です。


①視覚 食材の色彩や形、盛り付け

②聴覚 噛んだ時の音、調理する音、楽し  

    い会話

③味覚 多くの味(甘味、塩味、酸味、苦

    味、旨味)を体感

④嗅覚 食材や料理の風味、香り

⑤触覚 舌触りや噛みごたえ、喉ごし

                 など


食事の美味しさはこういった要素に左右され、無意識のうちに五感をフル活用しています。


少しの工夫が心身の疲れを癒すことに繋がるのでぜひ取り入れてみてください。


旬の食材や季節の献立を取り入れる、コーヒーを豆からひく、思い出深い食べ物を食べる、BGMをかける、食卓にお花を飾るなど変化を楽しみましょう。


そして、新生活が始まり慣れないストレスなどにより不調がお口の中にも出やすい時期でもあります。栄養バランスの良い食事と、口腔ケアを心がけましょう。


年度の始まりに定期検診を受け、安心して新生活をスタートさせたいですね。少しでもお口に不調のある方はお早めにご相談ください。