• chxvx1225

リカルデントとキシリトール

最終更新: 10月31日

こんにちは。はるにれ歯科クリニックの保育士、佐藤です。


本日はリカルデントとキシリトールについてお話しします。


■リカルデントとは


リカルデントとは牛乳に含まれる天然成分の複合体(CPP-ACP)です。「乳製品の摂取量が多い人はむし歯が少ない」ということに着目して開発されました。


■リカルデントの特徴


◎脱灰抑制

脱灰とは口内の細菌が生み出す酸によって、歯の表面からミネラルが溶け出す、むし歯の始まりの状態です。


CPP-ACPには、脱灰を抑制する作用があります。


◎歯の再石灰化を促進する

再石灰化とは脱灰によって溶け出したミネラルを再び歯に戻す働きのことです。


CPP-ACPには再石灰化を促進する働きがあります。



◎耐酸性増強

CPP-ACPでミネラルを補給された歯は、むし歯の原因となる酸への耐性を増強します。



■キシリトールとは


キシリトールとは天然素材の甘味料です。甘味はありますが、むし歯の原因となる酸を作り出さないことが知られています。


甘味によって唾液がたくさん出るので、お口の清掃効果と再石灰化効果を高めます。


■キシリトールの特徴


◎むし歯菌に酸を作らせない

◎悪玉のむし歯菌を害の少ない善玉の

 むし歯菌に変えてくれる

◎歯垢を歯磨きで落としやすくする

◎歯の再石灰化を促進する


リカルデントには歯自体を丈夫にする作用があり、キシリトールにはむし歯の原因を作らないようにする作用があります。


2つの成分をむし歯予防にうまく活用していきましょう。


当院では、リカルデントガムを取り扱っております。市販のものに比べてCPP-ACPが2倍配合されているため、とてもお薦めです!


詳しくはスタッフにお尋ねください。



最新記事

すべて表示

お口の冷え性?!

こんにちは。はるにれ歯科クリニック、管理栄養士 受付の江崎です。 日に日に寒さが厳しくなり、少しずつ冬の気配が深まってきました。冷え性に悩まされている方も多いのではないでしょうか。 体が冷えると血行不良になり、隅々まで酵素や栄養が十分に行き届かなくなります。また、老廃物が体内に溜まったり酵素の働きが阻害されるため、風邪などから身を守る免疫力が低下してしまいます。 では、“冷え”が原因でお口の中の免

唾液の必要性

こんにちは。はるにれ歯科クリニックの歯科衛生士、笠原です。 みなさんは唾液のことを意識することはあまりないと思いますが実は、歯の健康を保つためにとても重要な役割を持っています。 唾液には、歯や歯間に溜まった食べかすや歯垢を洗い流してくれる自浄作用や、飲食をすることにより酸性に傾いた口の中のpHを中性の方に戻して、むし歯になりづらくするpH緩衝作用などがあります。 しかし、加齢や口呼吸、薬の副作用な

診療内容

診療時間

月  火  水  木  金  土  日

09:00~13:00   〇  〇  ―  〇  〇  △  ―

14:00~18:00   〇  〇  ―  〇  〇  ―  ―

休診日   水・日・祝  △ 14:30まで

ご予約・お問い合わせ

058-214-8620

〒500-8289  ​岐阜市須賀1-5-1 / 岐阜バス​OKBぎふ清流アリーナより徒歩8分

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

:大きな画面で確認したい方はコチラ