リカルデントとキシリトール

更新日:2020年10月31日

こんにちは。はるにれ歯科クリニックの保育士、佐藤です。


本日はリカルデントとキシリトールについてお話しします。


■リカルデントとは


リカルデントとは牛乳に含まれる天然成分の複合体(CPP-ACP)です。「乳製品の摂取量が多い人はむし歯が少ない」ということに着目して開発されました。


■リカルデントの特徴


◎脱灰抑制

脱灰とは口内の細菌が生み出す酸によって、歯の表面からミネラルが溶け出す、むし歯の始まりの状態です。


CPP-ACPには、脱灰を抑制する作用があります。


◎歯の再石灰化を促進する

再石灰化とは脱灰によって溶け出したミネラルを再び歯に戻す働きのことです。


CPP-ACPには再石灰化を促進する働きがあります。



◎耐酸性増強

CPP-ACPでミネラルを補給された歯は、むし歯の原因となる酸への耐性を増強します。



■キシリトールとは


キシリトールとは天然素材の甘味料です。甘味はありますが、むし歯の原因となる酸を作り出さないことが知られています。


甘味によって唾液がたくさん出るので、お口の清掃効果と再石灰化効果を高めます。


■キシリトールの特徴


◎むし歯菌に酸を作らせない

◎悪玉のむし歯菌を害の少ない善玉の

 むし歯菌に変えてくれる

◎歯垢を歯磨きで落としやすくする

◎歯の再石灰化を促進する


リカルデントには歯自体を丈夫にする作用があり、キシリトールにはむし歯の原因を作らないようにする作用があります。


2つの成分をむし歯予防にうまく活用していきましょう。


当院では、リカルデントガムを取り扱っております。市販のものに比べてCPP-ACPが2倍配合されているため、とてもお薦めです!


詳しくはスタッフにお尋ねください。