• nana_ooo

こんなものは使わない方がいい!?

更新日:5月25日

こんにちは。

はるにれ歯科クリニックの衛生士、笠原です。


昨今、様々なデンタルケアグッズが販売されておりますが、販売されてるものが全部歯にとっていいものと思ってる方も多いと思います。


歯にとっていいものもたくさんありますが、歯にとってダメージになってしまうデンタルケアグッズが売られているのも確かです。



そこで今回は歯にとってあまりよくないデンタルケアグッズを紹介します。



①海外の過酸化物配合のホワイトニング剤を自己判断で使用する。

国内で販売されているホワイトニング剤は薬事法により過酸化物は配合出来ません。しかし、海外のドラッグストアやインターネットでは過酸化水素入りの薬剤を購入することが出来ます。


過酸化水素は知覚過敏を起こすことがあります。健康的な歯であれば、知覚過敏は一時的なものなので問題ありません。しかし、むし歯の部分に薬剤が付着してしまうと、歯の中の歯髄といわれる組織が炎症を起こす場合があり、歯の神経を取らないといけないケースもあります。


また過酸化水素の他にも、歯を溶かす酸を含んだ成分が入っているホワイトニング剤もあり、使用には注意が必要です。


②着色を落としてくれる電動クリーナー

付属の研磨剤にはとても荒いものが使われており、使用1回目は効果を感じると思いますが、2回目以降効果が薄く感じることに加え、研磨剤による歯の傷の中に色素が入り込んでしまい、逆に汚れが付きやすくなります。そして歯の表面の硬いエナメル質が薄くなってしまいます。



これらは一例です。このようなものは歯にとってダメージになるので使用には注意が必要です。


しかし、市販で販売されているものでぜひ使って欲しいものもたくさんあります。その代表的なものは受付の右横にデンタルケアグッズコーナーがあるのでぜひご覧下さい。


歯にとっていい効果のあるデンタルケアグッズを使用してむし歯予防や歯周病予防に努めましょう。分からないことなどあれば気軽にスタッフにお尋ねください。






最新記事

すべて表示

こんにちは。はるにれ歯科クリニック、歯科衛生士の山中です。 今回は患者様からよく質問される、歯間ブラシの交換時期についてお話しします。 歯ブラシの交換時期は、約1ヶ月と言われていますが、歯間ブラシは1日1〜2回の頻度で使用した場合、約2〜3週間の目安で交換するのがいいと言われています。 ですが、途中で毛が外側に開いてしまったり折れてしまった場合は、汚れの除去率も半分程落ちてしまう為、早めに交換して