ここ3年で矯正患者が急増!!

こんにちは、はるにれ歯科クリニックのマネージャー 奥です。

コロナ第7波に熱中症、大雨に台風・・・、なかなか厳しい状況が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。


今週から夏休みに入られている方も多いと思います、くれぐれもご自愛ください。


さて今回は、コロナ禍に入って注目度がさらにアップしています「矯正」に関して、興味深い記事がでていましたので共有したいと思います。


■矯正の初診患者数3.6倍、再来患者数1.8倍の結果


はるにれ歯科クリニックでも、マウスピース部分的な矯正治療が可能な「ローコスト矯正」

を導入していますが、全国的にも「矯正」の患者数が劇的に増えているようです。


-----

マウスピース矯正を展開するDRIPSという会社が出した分析結果によると、前回の平成29年の初診の矯正患者数は1日あたり800名だったことに比べ、令和2年では2,900名となっており、初診の矯正患者数が3.6倍との調査結果となった。

-----


参考:平成29年から令和2年にかけての1日あたりの歯科矯正の初診患者数の推移(AMP)


コロナ禍になって増えた理由としては、下記のようなポイントが挙げられます。


① マスクをつけている今のうちにやりたい

② 外出自粛で時間ができた

③ オンライン会議等も増え、自分の顔と向き合うことが増えた

④ 外出が減り、自分に投資できるお金が増えた


ただ、歯の矯正に関しては、「費用が大きい」「また期間が長い」というような印象が強く、興味はあるが、これまで手を出せていないという方も多いのではないでしょうか。


はるにれ歯科クリニックでは、岐阜で唯一「ローコスト矯正」を提供している歯科医院でもあり、ご興味のある方はカウンセリング(有料)を受けていただけるとご不安点は解消できるかと思います。


お気軽にお声がけください。


<参考>

https://news.yahoo.co.jp/articles/8925403211be40799f1f1de59ca5b296fdfdd677

DRIPS『3年間で3.6倍と増加、最新の厚労省患者調査からわかる歯科矯正初診患者数』