• harunire-dental

お口のケアとウイルス感染予防

こんにちは、はるにれ歯科クリニックの院長 奥です。 お口のケアがウイルス感染予防に効果があると言われていますが、具体的にはどのような効果(逆に、やらないとどんなリスク)があるのでしょうか? 正しい知識を身につけて、ご自身で毎日のケアを継続的に行うことが重要です。お家での時間が増える今、いつもより時間をかけてお口のケアをしてみて下さい。 日本歯科医学会連合 新型コロナウイルス感染症対策チームより発表されている文献をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

①ウイルスが粘膜細胞の中に感染することを防ぐ お口に住んでいる細菌が出すタンパク分解酵素は、ウイルスが粘膜細胞の中に感染することを促進してしまいます。 その中でも特に、歯周病菌は強力なタンパク分解酵素を持っているので、歯周病にかかっている方は要注意です。 ②腸内細菌のバランスが整い、免疫力が上がる 不潔なお口は腸内細菌のバランスを乱します。お口の細菌が食道、胃を通って腸内にたどり着いてしまうためです。 腸内の細菌バランスが全身の免疫に密接に関わっていることがわかってきています。体の免疫力を低下させないことでウイルス感染の予防ができます。 ③お口が不潔だと肺炎のリスクは上がる 中高年になると「誤嚥(ごえん)」と言って、食べ物や唾液が気道に入ってしまうことがあります。 この時、お口の汚れがあると、たくさんの細菌が気管に入り、肺にまで至り、誤嚥性肺炎という肺炎を引き起こしてしまいます。 また、誤嚥のリスクが高い方はウイルス性肺炎のリスクも当然高くなります。 さらに歯ぐきに住む歯周病菌が血流にのって体のあちこちに炎症を引き起こします。その結果、体の免疫が乱され、ウイルス感染により炎症が進みやすくなります。 ④コロナウイルスは口からもやってくる 現在、中国からたくさんの論文 (1)(2)が発表されて、これらの論文はウイルス感染が「口腔からも始まる」可能性を示しています。 うがい手洗いに加え、お口のケアも心掛けてください。舌を磨くことも、ウイルス感染予防に効果があります。


---------------------------------------------- 文献)(一社)日本歯科医学会連合 新型コロナウイルス感染症対策チーム http://www.nsigr.or.jp/coronavirus.html 1)Peng X, Xu X, Li Y, Cheng L, Zhou X, Ren B.:Transmission routes of 2019-nCoV and controls in dental practice. Int J Oral Sci.12(1):9, 2020. 2) Yan Y et al.: Consensus of Chinese experts on protection of skin and mucous membrane barrier for healthcare workers fighting against coronavirus disease 2019. Dermatol Ther.13:e13310, 2020....




最新記事

すべて表示

お子様の虫歯予防〜歯科医院編〜

こんにちは。 はるにれ歯科クリニックの保育士、佐藤です。 前回(8/7)の記事では、ご家庭で出来る虫歯予防の一例についてお話ししました。 今回は、歯科医院でのお子様の虫歯予防についてお話しします。 ■定期検診■ 乳歯や生えたばかりの永久歯は、虫歯になりやすく、進行も早いです。 もし虫歯になってしまった場合、早い段階で治療を行う方が削る量も少なく、お子様への負担も少ないです。 虫歯の早期発見やフッ素

診療内容

診療時間

月  火  水  木  金  土  日

09:00~13:00   〇  〇  ―  〇  〇  △  ―

14:00~18:00   〇  〇  ―  〇  〇  ―  ―

休診日   水・日・祝  △ 14:30まで

ご予約・お問い合わせ

058-214-8620

〒500-8289  ​岐阜市須賀1-5-1 / 岐阜バス​OKBぎふ清流アリーナより徒歩8分

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

:大きな画面で確認したい方はコチラ